おしらせ

新型コロナウイルス感染症の状況を考慮し、令和3年度の大寒みそぎ並びに節分大祭開運招福豆まきを中止することと致します。今後の再開時期につきましては、状況を鑑みながら決定して参ります。(尚、節分大祭に関しまして、厄除祈願、福引き付き福豆の頒布は行なっております。)

お彼岸も過ぎ、日に日に気温も涼しくなり、秋が近づくのを感じます。 
さて、10月は「錦秋」の御朱印を頒布致します。 
「錦秋」とは木々が紅葉して、にしきの様に美しい様子を表す言葉です。もうしばらくすると、各地の紅葉も見頃となりますが、一足早く、秋を感じて頂ければ幸いです。 

頒布期間:10/1〜10/31 
初穂料:500円 
※書き置きでのお渡しとなりますので、予めお含みおき下さい。
重陽の節句 御朱印

9月9日は重陽の節句です。 
節句は季節の変わり目となる大切な節目の日です。場所によっては菊酒を飲む風習もあります。 
当宮では節句を日本の大切な習慣として考えており、御朱印を通してこの文化に触れていただきたいとの思いで、節句ごとに御朱印を頒布しております。四季のある日本は自然豊かな土地です。節句には改めて四季豊かな日本の自然に感謝する日としたいものです。 

頒布期間:9/1〜9/22 
初穂料:500円 
※書き置きのみ

みたままつりを行いました

8月9日(日)、午後7時から「みたままつり」を行いました。
みたままつりでは、敬神崇祖(神をうやまい先祖をたたえる)の精神にもとづき毎年この時期に行っています。
お盆も近づき、改めて神々のご恩、自然の恵みやご先祖さまに感謝を忘れない心を大切にしたいものです。

 

P8093785.JPG

 

 

P8093812.JPG

 

P8093829.JPG

子安社 竣工式、鎮座祭を行いました

8月9日(日)、令和記念事業として、昨年度から行ってきました和田八幡宮境内社の「子安社」が完成し、この度、竣工式、並びに鎮座祭を行いました。ご協力頂いた法人様と当宮役員様にお集まり頂き、酷暑の中ではありましたが、厳かな式典を取り行う事ができました。

子安社は、木花之佐久夜比売、玉依比売命をお祀りしており、子宝、安産、縁結び、夫婦円満のご神徳が得られます。
今後、多くの方にお参り頂き、神さまの御稜威(みいつ)をお受けいただければ幸いです。

 

P8093709.JPG

 

 

P8093717.JPG

 

P8093754.JPG

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る